カテゴリ:豆の効用( 1 )

豆の効用

や大豆・落花生が支える現代人の栄養と健康

は日本人に不足しがちな4つの大きな栄養素を、効率よく補給します。  

は糖質とタンパク質を供給し、脂質の取りすぎを抑えます。

はビタミンB1などのビタミンを豊富に含んでいます。

は現代人に不足しがちなミネラル、特にカルシウム、鉄、カリウム、亜鉛をたくさん供給します。


豆は食物繊維の王様です。


1・脂質(脂肪)の過剰摂取を防ぎます

脂肪エネルギー比率(総摂取エネルギーの中で脂質から摂取する割合)が健全なラインである25%(第六次改定「日本人の栄養所要量」の目標数値)を超えてきています。
一方、糖質についてもまだ50%は下回っていませんが、日本人の栄養の摂取傾向を考慮して、「日本人の栄養所要量」では「糖質の摂取量は総エネルギー比の少なくとも50%以上であることが望ましい」とされています。
脂質は、エネルギー源として必要なだけでなく、身体の機能を維持する上で一定量の摂取が必要です。しかし、過度の摂取は心疾患、動脈硬化や糖尿病などを引き起こす大きな原因ともなっています。
わが国では、日本型食生活で健全な栄養バランスを保ってきていましたが、平成に入り脂肪エネルギー比率が25%を超え毎年増加してきています。
一方でエネルギー摂取の比率が、主たる栄養素である糖質からは米の消費が減少したこともあり57%台まで低下してきています。
は、100g中おおむねタンパク質20g脂質2g糖質54gと極めてバランスのとれたエネルギー構成になっています。


2・不足するビタミンを補います

ビタミンA、B1、B2、Cとも、摂取量は平均では栄養所要量を上回ってますが、特に若い人たちは1日1~1.2mg必要なビタミンB1が不足しがちです。
ビタミンは、所要量は微量ですがいろいろな栄養素の働きを助け体の調子を整える大事な役割をしています。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える手助けをしますが、不足するとエネルギーの生成がスムーズにいかず、尿酸などの疲労物質がたまって疲れやすくなります。また脳や神経にエネルギーが十分に補給されないことから、イライラするようになります。
糖質の多い飲み物を多飲しがちな若い人たちは、ビタミンB1が欠乏しやすい傾向にあります。
は、100gの中に0.5mg前後と多くのビタミンB1を含んでいるので、を毎日食べるだけでかなり補給できます。かつて日本人は、白米でのビタミンB1不足を豆料理で補ってきたものです。また、はB2やナイアシン(ニコチン酸)、E,Kなどのビタミンも含んでおり、いわば総合健康食品です。

3・不足しがちなミネラル(無機質)を豊富に供給します。

ミネラルは、体の機能の維持や調節に欠かせない栄養素です。体に必要なミネラルはたくさんの種類がありますが、所要量はそれぞれ微量です。しかし不足すると、いろいろな症状が現れます。
カルシウムは全般に不足しがちで、特に若い人は鉄も不足しています。またカリウムや亜鉛などもきちんと摂る必要があります。
まず、カルシウムです。カルシウムはリンと並んで健康な骨や歯を作ります。体の中には成人では1Kg以上のカルシウムがあり、ミネラルの中では飛びぬけて多い含有量です。
このカルシウムが不足すると、骨や歯が弱り骨粗しょう症にもなりやすいほか、イライラなど精神の不安定を招いたり血行に以上をきたしたりします。
この大事なカルシウムが、日本人には年齢、性別を問わず不足しており、特に若い女性に顕著です。
次に鉄です。
鉄の主な役割は血液中の酸素を運搬することです。不足すると、体の中に酸素が充分に供給されず、めまいや貧血、思考力や集中力の低下などいろいろな症状がでてきます。鉄は体内での吸収率が極めて低いため、欠乏しやすい栄養素です。
特に女性はライフステージを通じて不足しがちになります。ここでも、最近の子供も含めた若い女性の食事の内容が大変気になるところです。
カルシウムには、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる働きがあります。日本人には食塩の取りすぎの傾向があるため、積極的にカリウムを摂取する必要があります。
亜鉛は、タンパク質の合成など細胞の新生に不可欠です。亜鉛が欠乏すると、発育不全や身体の成長が妨げられたりは肌がかさついたり、発毛や爪の発育障害があらわれます。
には、カルシウム、鉄、カリウム、亜鉛のいずれもが豊富に含まれています。

4・食物繊維不足に応えます。

生活習慣病予防のためにも、食物繊維を十分摂る必要があります。食物繊維は成人で1日20~25gが必要とされています。
これまで一般に、食物繊維は体内で利用できず、単なる整腸作用のみ注目されていました。しかしながら、近年食物繊維の有する種々の機能性が明らかになりました。
具体的には、食物繊維には抗便秘作用や血清コレステロール値及び血糖値の改善効果が認められ心疾患、動脈硬化症、糖尿病、腸疾患、特に大腸ガンの予防に効果があることが明らかにされています。
日本人がをたくさん食べていたころには、食物繊維不足はありませんでしたが、今は食物繊維の飲料まで売られる時代です。には諸什物繊維が100g中17~19g入っており、食品の中でもトップクラスの含有量です。

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-23 15:04 | 豆の効用