タグ:松葉屋 ( 12 ) タグの人気記事

c0134878_23333828.jpg

松前昆布100g、松前いか100gに、にんじん1本を細ぎりにします。にんじんは洗わないで軽く拭く程度にしてください(水分が入ってしまうと腐りやすくなるため)
c0134878_23335058.jpg

松前いかをお酒200ccの中につけ、松前いかがやわらかくなるまでつけます(30分ぐらい)
c0134878_2334698.jpg

松前いかをつけてあるボウルの中に松前昆布とにんじんを入れしょう油100ccみりん100ccをいれて軽く混ぜます。
c0134878_23342553.jpg

一晩、冷蔵庫で寝かせて出来上がりです!!お好みで数の子を入れてもおいしいですよ(^^)

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-11-21 23:34 | 松前漬けの作り方
c0134878_228136.jpg

丹波黒豆を軽く洗います。(ザルに入れて洗うと簡単です)
c0134878_2284688.jpg

丹波黒豆300gに対しての煮汁を作ります。
水:1~1.5リットル
三温糖:150~200g
しょう油:大さじ3杯ぐらい
塩:小さじ1杯
を入れて強火にかけて煮汁をつくります。
c0134878_2292681.jpg

煮汁が出来たら一度火を消して熱い煮汁の中に先ほど洗った丹波黒豆を入れます。
c0134878_2294595.jpg

そのまま火を入れずふたをします。(この保温状態がを柔らかくします)
なべが冷めたら火を入れ沸騰する手前まで温め、また火を消してふたをします。
これを丹波黒豆がお好みの柔らかさになるまで繰り返します。
c0134878_2295994.jpg

おいしい丹波黒豆の出来上がりです。

今回の分量

黒豆:300g
水:1~1・5リットル
三温糖:150~200g
しょう油:大さじ3杯
塩:小さじ1杯

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-11-21 22:10 | 豆レシピ
c0134878_2227361.jpg

田作り(50g)をフライパンで軽く煎ります(1分ぐらい、あんまり煎りすぎると焦げ臭くなります)
c0134878_22274883.jpg

田作りが煎り終わったら次にしょう油(大さじ1杯半)砂糖(大さじ2杯)酒(大さじ1杯)をよく混ぜてフライパンで熱します。そこに先ほど煎った田作りを入れよくからめます。(火は田作りを入れてちょっとしたら消して余熱でからめてください)
c0134878_22275710.jpg

簡単田作りの出来上がりです!!煎ってそのまま食べてもおいしいですよ(^^)

今回の分量

田作り 50g
砂糖  大さじ2杯
しょう油 大さじ1杯半
酒    大さじ1杯

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-11-15 22:35 | 田作りの作り方
c0134878_0381773.jpg

切干大根100gを水で戻します(10~15分ぐらい)
c0134878_0382620.jpg

お好みの材料を適当な大きさにきります。
c0134878_038356.jpg

油をしいて軽く炒めます。(胡麻油で炒めるとおいしいですよ)
c0134878_0384431.jpg

ここに軽く絞った切干大根を入れて炒めます。
c0134878_0385426.jpg

具材より少しすくないぐらいの水を入れてほんだしを少々いれます。
ぐつぐつしてきたら酒(大さじ2杯)みりん(大さじ3杯)しょう油(大さじ2杯)
三温糖(大さじ1杯)入れて煮ます。味が十分にしみたら白胡麻をいれて完成です。
c0134878_039193.jpg

おいしくて体にもやさしい切干大根の煮物の出来上がりです(^^)

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-10-28 00:39 | 切干レシピ
c0134878_1738474.jpg

黒豆を軽く洗います。(ザルに入れて洗うと簡単です)
c0134878_1739443.jpg

黒豆500gに対しての煮汁を作ります。
水:1.5~2リットル
三温糖:250~300g
しょう油:大さじ4杯ぐらい
塩:小さじ1杯
を入れて強火にかけて煮汁をつくります。
c0134878_17391815.jpg

煮汁が出来たら一度火を消して熱い煮汁の中に先ほど洗った黒豆を入れます。
c0134878_17392567.jpg

そのまま火を入れずふたをします。(この保温状態がを柔らかくします)
なべが冷めたら火を入れ沸騰する手前まで温め、また火を消してふたをします。
これを黒豆がお好みの柔らかさになるまで繰り返します。
c0134878_2236475.jpg

おいしい黒豆の出来上がりです。

今回の分量

黒豆:500g
水:1・5~2リットル
三温糖:250~300g
しょう油:大さじ4杯
塩:小さじ1杯

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-30 17:43 | 豆レシピ
c0134878_2255458.jpg

なるべく底の深い鍋にサラダ油とマーガリンを大さじ3杯ずつぐらいいれます。(強火)
c0134878_226238.jpg

ポップコーンを重ならない程度にいれます。(中火)
c0134878_2261621.jpg

よく混ぜます(弱火)
c0134878_2262730.jpg

この写真の状態になったらふたをします。
c0134878_2263985.jpg

パンパンと弾けてくるのでふたをしたまま鍋をよく振ります。
c0134878_2265084.jpg

パンパンと音がなくなれば出来上がりです。時間にして約5分ぐらい、低価格で簡単でおいしいおやつの出来上がりです。お子様と一緒につくってみてください!!すごいよろこびますよ(^^)

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-29 22:17 | ポップコーンの作り方
c0134878_22384487.jpg

銀杏を適当な紙袋にいれます(均一に熱を通すためになるべく平らに袋にいれる)
c0134878_22385330.jpg

2~3回しっかりと折る。
c0134878_223911.jpg

レンジでチンする(パンッと銀杏が弾ける音がするので、それが出来上がりの合図です)

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-29 15:25 | 銀杏の食べ方
c0134878_17101273.jpg

まず豆を軽く水で洗います。洗い終わったら容器に豆を移し、水をたっぷり入れて一晩おきます。(夏場などは暑さで水が腐るので冷蔵庫に入れてください)



c0134878_1710219.jpg

普通のお鍋でもいいのですが、なるべく厚手のお鍋でお好みの柔らかさになるまで茹でてください。(アクが浮いてくるので上っ面だけおたまですくってください)塩を入れて茹でると色が鮮やかにあがります。



c0134878_17102918.jpg

お好みの柔らかさになったら豆をザルにあけ、しっかり水分を落としてからお茶碗に入れてください。味付けは塩だけで十分おいしいです。



c0134878_1420934.jpg

普通の塩より岩塩のほうがおいしいですよ!!
豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-29 15:23 | 豆レシピ
c0134878_23271776.jpg

まず豆を軽く水で洗います。洗い終わったら容器に豆を移し、水をたっぷり入れて一晩おきます。(夏場などは暑さで水が腐るので冷蔵庫に入れてください)
c0134878_23273259.jpg

普通のお鍋でもいいのですが、なるべく厚手のお鍋でお好みの柔らかさになるまで茹でてください。(アクが浮いてくるので上っ面だけおたまですくってください)塩か岩塩を大さじ2杯ぐらい入れて茹でるとおいしいですよ!!
c0134878_23513145.jpg

お好みの柔らかさになったら豆をザルにあけ、しっかり水分を落としてからお茶碗に入れてください。
c0134878_2353322.jpg

普通の塩より岩塩のほうがおいしいですよ!!
豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-29 15:23 | 豆レシピ
c0134878_15482084.jpg

金時豆(うずら)をたっぷりの水に6時間から一晩浸けます(新豆なら5時間ぐらいでも平気です)
c0134878_15482938.jpg

厚手の鍋で弱火で火を入れクツクツいってきたら火をとめます。(アクが浮いてきたらアクだけお玉でとってください)
c0134878_15483767.jpg

火をとめてフタをしたまま置いておきます。鍋が冷めたら再度火を入れてクツクツいってきたら火を止め、またフタをして置いておく、これを豆が柔らかくなるまで3~4回繰り返します。豆が充分柔らかくなったら最後に味付けです。
c0134878_15484520.jpg

砂糖(甘さはお好みで、だいたい豆の半分ぐらいの量がおすすめ)三温糖か黒糖がいいとおもいます。
しょう油(味を確認しながら適量で)
塩(味を確認しながら適量で)
をいれ軽く混ぜて溶かして出来上がりです。

今回の分量
豆 :500g
砂糖:250g
しょう油:大さじ4杯
塩 :小さじ1杯
*この分量を参考にいろいろなお豆をおためしください!!

簡単煮のポイント!!

1・火をいれるのはクツクツいってくるまで。
2・フタをして保温状態にする。(この保温が豆を柔らかくします)
3・柔らかくなるまでこれを繰り返す。
4・砂糖の量をひかえてしょう油と塩で味を引き締める。

豆・乾物の専門店松葉屋はこちら
[PR]
by matsubayashoten | 2007-09-29 15:23 | 豆レシピ